不断水工法を採用する利点とは

不断水工法を採用して配管工事を行う最も大きな利点は、工事の手間を大幅に減らすことができることにあります。従来の工法では配管内の水の流れを完全に停止して行うことが必要でした。



工事現場の周辺地域で断水が起きる場合には、給水車を手配し、事前に告知を行うなど準備を行うことが求められます。

一方不断水工法では断水が起きないため、告知などを行う必要がありません。


また商業施設など休業しづらい場合に、営業したまま工事を施工することができるという利点も存在します。

口コミ評判の高い毎日新聞関連情報サイトです。

不断水工法には機械的に行う方法と、配管の工事部分だけを凍結して行う方法があります。


いずれの方法による場合にも完全に水の流れを停止することはありません。

機械的な方法では水を流したまま工事ができます。



一方凍結により水の流れを止める方法では、流水が止まるのは工事部分だけです。


機械的な方法を採用した場合には割T字管と穿孔機を使用して既設管に穴を開けることになりますが、穿孔の際に発生する既設管の欠片は水圧によって押し出され穿孔機内に取り込まれる仕組みとなっています。
そのため穿孔完了後に配管内の清掃を行う必要がありません。

配管を部分的に凍結させる方法では液体窒素などが使用されます。
凍結部分の配管を切断してバルブの設置などの作業を行います。


従来バルブを開閉して水の流れを止めた場合には錆が剥離して赤水が発生し、配管内の清掃が必要となりました。一方部分凍結により工事を行う場合には、バルブの開閉と配管内の清掃が不要となるため手間を省くことが可能です。